トップ  >  ニュース  >  2017年10月6日(金) 東洋大学就活してboys インタビュー記事更新

ニュース

2017年10月6日(金) 東洋大学就活してboys インタビュー記事更新
4年目の集大成、各チームから集まった力を合わせいざ本大会へ
-まずは代表にお話を伺いました

―チームについて簡単に紹介をお願いします
FC fascinerとFC ゆなの4年生で構成されています。今年はFC liberteも2人加わっています。毎年、学内戦の運営を行うために結成されています。
たまたま準優勝してしまい、本戦に出ることになりました。


-練習のメニューや雰囲気はどうですか
練習は、集まれる時に集まってやっています。雰囲気は、4年生ということもあり、うまくサボりながら楽しくやっています。


-プレーヤーにとってマネージャーはどんな存在ですか
老夫婦のような関係です。言葉が無くても、お互い心が通じ合う。掛け替えのない存在ですね。


-本大会に向けて意気込みと注目選手を教えてください
現役時代、それぞれのチームでアットホームカップの楽しさを味わいました。
ライバルであった東洋大学が誇る三大サークルが揃ってプレーできる貴重な機会です。
1試合ずつ気持ちを込めて闘いたいと思います。全員が注目選手です。
大学生活、そしてサッカー人生の集大成として、このメンバーでプレーできることを幸せに感じながら、台風の目になれるように頑張ります。


-次にマネージャーにもお話を伺いました
-学内戦の感想を教えてください
優勝目指していたので、準優勝はとても悔しい結果でしたが、大雨のなかでもマネージャーのために必死に戦う姿をみて、
4年生になっても熱い試合がみれて嬉しかったです!


-マネージャーをしていて印象に残っていること、思い出はなんですか
思い出はたくさんありすぎて決められないです!!普段の練習で笑い合ったり、合宿でいろんな経験したり、小さいこと一つでも貴重な思い出です。
印象に残っていることは、チャンピオンズで決勝に進んだことです。優勝を勝ち取ることはできませんでしたが、課題や目標を見つけられた
合宿になったと思います。



-本大会に向けてプレーヤーにメッセージをお願いします
学生のうちに本気でサッカーできるのも最後だと思うので楽しんでほしいですね〜
でもやっぱり一試合一試合確実に勝ってほしいです!
勝利=楽しいですから!!!(笑)


-ありがとうございました

  • アットホームカップ
  • アットホームカップ
  • F5WC
  • 一般財団法人 全日本大学サッカー連盟
  • JFAフットサルエンジョイ大会 ENJOY5
  • スポーツマネジメント